school logo

日修学院

NISSHU GAKUIN

Japanese Language School


教育方針と学習プログラム

毎年9月始業、翌年6月終業、年34週間の授業を行います。授業は9:00始業、2:30終了の6時間授業で(幼稚部1年生のみ9:00~12:10までの午前中授業)、小学部は、1~3時間目は日本語、4~6時間目は専門科目*です。又、中等部は、1~4時間目は日本語、5、6時限が専門科目*です。 *音楽、童話、書道、社会、生活、地理、歴史、対話、課外授業等、学年に応じて学習します。ご家庭での学習サポートの一環として、日本の書籍、ビデオなどの教材貸出を行い幅広い日本語に触れる事を奨励しています。

幼稚部1~2年

集団生活の中で、日本語の環境に慣れ、言葉や文化への興味を育てます。人の話や簡単な文の意味が理解でき、人に伝えたい事を積極的に話せ、簡単な文が作れるようにします。正しい鉛筆の持ち方、筆圧をはじめ、ひらがな、カタカナを習得します。

小学部1~6年

国語の教科書の内容を中心に授業を進めていきます。目的に応じて効果的に話を聞き、正確に文章を読み、適切な表現で話ができるようにします。毎週、漢字の読み/書きの宿題を出し家庭学習を通して授業に役立てます。

中学部1~2年

小学部で習得した日本語をより確実に定着させ、さらに伸ばす事が目標です。日本の文化、歴史などを多く取り入れた授業内容です。また、目的に応じて課外授業も行います。日本語の学習能力の尺度として日本語能力試験を受ける生徒も多くいます。